ビーズでどこでも虹

外でたまにしか見ることのできない虹ですが、部屋の中でいつでも見えるようにすることができます。虹ビーズというプラスチックやガラスの小さな玉が売られています。これは雨つぶの役割となって、虹を簡単に作ることができるのです。虹ビーズを使って、虹のシートを作りましょう!

虹ビーズを用意する

虹ビーズはインターネットで買うことができます。大人の人にたのんで買ってもらってくださいね。0.3mmほどのとても小さな丸いガラスビーズです。手についたまま目をこすったりすると、傷がついてしまうので気をつけてあつかってください。大きな町の大型ホームセンターなどでは手に入れることができるかもしれません。

 

ビーズでどこでも虹の材料

用意するもの

【材料】

  • 虹ビーズ
  • 黒い板(画用紙や発泡スチロールなど)
  • スプレーのり

【道具】

  • さな容器、ラップ、新聞紙

ビーズでどこでも虹の材料

ビーズでどこでも虹の作り方

ビーズでどこでも虹の作り方   ステップ1

まずは、虹ビーズを小さな容器に移しましょう。新聞紙を大きく広げて壁にしいておきます。

次のステップへ
ビーズでどこでも虹の作り方   ステップ2

黒い板にあわせて、新聞紙で受け皿を作ります。ビーズがまわりに散らばらないようにするためです。

次のステップへ
ビーズでどこでも虹の作り方   ステップ3

始めに用意しておいた新聞紙の上に黒い板をのせてください。

次のステップへ
ビーズでどこでも虹の作り方   ステップ4

黒い板にスプレーのりで、のりをつけていきます。このとき、板から15cmほどはなして吹きつけましょう。全体にしっかりとのりがつけられていることを確認します。

次のステップへ
ビーズでどこでも虹の作り方   ステップ5

すぐに、のりの付いた板を新聞紙の受け皿に入れます。そして、虹ビーズを板の上にふりかけていきます。全体にまんべんなく厚めにしておきましょう。

降りかけたらすぐに、新聞紙トレーを横にゆらして、板にすき間ができないように虹ビーズをつけていきます。そして、乾いたらできあがりです。

小さな子供が使うときには、虹ビーズがはがれ落ちてしまうと危ないので、ラップを上からかぶせ、しわができないように裏がわをセロテープでとめましょう。

虹ビーズで作られた虹を見る!

虹ビーズで作られた虹を見る!

虹ビーズで作られた虹を見る!
 

虹のシートができあがったら、さっそく虹を作ってみましょう。虹のシートを持って、電気や太陽を自分の後ろの方向にしてみましょう。自分の影のかげのまわりに虹ができているはずです! いろいろな光でちょうせんしてみてくださいね。

立体的に見る!

虹のシートは明るい場所で見ることができますが、暗いところではどのように見えるのかも実験してみましょう。壁に虹のシートを立てかけて、その前にペンライトやろうそくを立てて置きます。少し離れたところからシートを見てみましょう。虹がシートから浮かび上がってきているように見えます。いつもだとすぐに消えてしまう虹もシートがあれば観察することができますね。何色あるのかを数えてみましょう!


虹を立体的に見る
虹 一つ前の実験 このページのトップへ 次の実験
ホーム 前の実験へ ページTOPへ 次の実験へ
このページをブックマークする

Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us


虹の実験!
虹を作ってみよう!
ビーズどこでも虹
虹フィルター
虹色シャボン玉
キラキラ虹こま
偏光板で虹色実験
偏光板で虹色実験
虹ってなに?
虹ができるしくみ
虹が見えるのはいつ?
虹の形と種類
虹色のなぞ
虹は何色?
虹と空の色の違いは?
虹色に見えるものは何?
光の不思議
月や太陽にかかる虹って?
オーロラは虹なの?
人にかかる虹色の輪
光の自然現象
サイトマップ
トップページ > 虹の実験 > ビーズでどこでも虹