偏光板で虹色観察

偏光板とプラスチック製品を使って虹色を観察してみましょう。偏光板がどのようなしくみでできているかは、虹の実験「偏光板で虹色観察機を読んでください。

プラスチックの虹色を見ましょう!

2枚の偏光板を使って、虹色の観察をしましょう。おうちにある透明なプラスチック製品を用意してください。CDのケースやボールペンなど、何でも良いです。偏光板2枚の間に、プラスチックをはさめて光を通してみましょう。虹色となっています。プラスチックは、熱によって加工されていて、曲げられたり縮められたりしています。強く押されて作られた場所は細かい虹ができていますが、ほとんど力をかけられていない場所はあまり変化がありませんね。

光の干渉

1枚の偏光板を通った光の波と、もう1枚を通ってきた光の波がプラスチックのある場所でぶつかりあいます。これを、光の干渉(かんしょう)と呼んでいます。そのときの光の当たり方で、色が決まります。虹は、光の屈折で色が変わるということを、虹ってなに? 「虹ができるしくみ」で紹介しています。虹の色がきれいに分かれて見えるのは、雨つぶの大きさがそろっているからです。プラスチックは、場所によって厚さが異なるために色々な虹が見られるのです。虹色の作られ方から、どのようにプラスチックが伸ばされたり曲げられたりしているのかを確認することができます。CDのプラスチックケースを偏光板ではさむと、きれいな虹色を見ることができました。

  プラスチックの虹色を見ましょう!1
プラスチックの虹色を見ましょう!2
プラスチックの虹色を見ましょう!3

セロハンテープ・ステンドグラス

偏光板の「光の干渉」を利用してステンドグラスを作りましょう。セロハンテープでもようを作り、ステンドグラスのようにたくさんの色を見ることができます。

セロハンテープ・ステンドグラス
 

セロハンテープ・ステンドグラス

用意するもの

【材料】

  • 偏光板 2枚
  • セロハンテープ
  • 黒い画用紙

【道具】

  • はさみ、カッター、両面テープ

セロハンテープ・ステンドグラスの材料

セロハンテープ・ステンドグラスの作り方

セロハンテープ・ステンドグラスの作り方   ステップ1

まず、1枚の上の偏光板に、セロハンテープを重ねてはります。好きなように作っていってくださいね。ななめにしたり3回重ねてみたり、方向を変えてセロハンテープをはっていきましょう。

次のステップへ
セロハンテープ・ステンドグラスの作り方   ステップ2

黒い画用紙を偏光板の大きさに合わせて切り、窓わくのような形を作ります。始めに作った偏光板のセロハンテープの付いていない面と窓わくを、両面テープでつけておきます。

次のステップへ
セロハンテープ・ステンドグラスの作り方   ステップ3

何もつけていない偏光板を後ろに重ねて光を通してみましょう。左はスリットが平行のとき、右は直行させたときです。

次のステップへ
セロハンテープ・ステンドグラスの作り方   ステップ4

偏光板の向きを90度回すと色が反転します。

次のステップへ

セロハンテープ・ステンドグラスの作り方   ステップ5

きれいな色を見ることができましたか? 模様をかえたり光の種類を変えたりすると、また違う感じがでておもしろいですよ。もし、何度も偏光板を使いたいときには、直接セロハンテープをはらずに透明なビニールなどにセロハンテープを貼って偏光板ではさみましょう。

かわいい模様を作るには?

かわいい模様を作るには?

かわいい模様を作るには?
 

透明なビニールにセロハンテープをはり、星やハートなどの形に切りぬきます。偏光板に模様をつけていくときに、切った形をセロハンテープでつけてください。丸くきっておくと、水玉もようにすることもできますよ。セロハンテープを何回も重ねて色の違いも見てくださいね。

かわいい模様を作るには?
虹 一つ前の実験 このページのトップへ 次の実験
ホーム 前の実験へ ページTOPへ 次の実験へ
このページをブックマークする

Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us


虹の実験!
虹を作ってみよう!
ビーズどこでも虹
虹フィルター
虹色シャボン玉
キラキラ虹こま
偏光板で虹色実験
偏光板で虹色実験
虹ってなに?
虹ができるしくみ
虹が見えるのはいつ?
虹の形と種類
虹色のなぞ
虹は何色?
虹と空の色の違いは?
虹色に見えるものは何?
光の不思議
月や太陽にかかる虹って?
オーロラは虹なの?
人にかかる虹色の輪
光の自然現象
サイトマップ
トップページ > 虹の実験 > 偏光板で虹色実験